骨盤ダイエット:ダイエットのための闘いをして理想の体形を手に入れる。


女性であればかわいいビキニを着たいのでダイエットをしたいと思うかもしれませんし、結婚式が近づいているのでウェディングダイエットによってドレスをきれいに着たい、また男性であればメタボと家族から言われてショックであり、これは痩せなければならないと感じていることもあります。いずれにしてももっとスリムにそしてきれいになりたい、そして健康のためにも体重を減らすことに取り組む人たちはたくさんいるのです。

ではどのようにしてそれができるのかということになってきますが、方法はいくらでもあるというのが正直なところです。とはいえ真剣に取組まないといつまでたってもスリムにはならないかもしれず、やはり本気モードは必要になるのは確かです。ウェディングのためやビキニをきれいに着たいということであれば短期間の集中的なダイエットが必要になるかもしれませんので効果的にそれを達成するための方法を検討することになります。特にカロリーをしっかりと計算してカロリーを摂取しすぎないようにすることはどうしても必要になります。

また水や炭酸水を利用したダイエットを行うことができます。空腹との闘いになりますので、できるだけ空腹感を感じないようなものを選ぶことができるのです。そして運動やエクササイズも大切です。それをしないと体は絞られていきません。スクワットや有酸素運動をすることでスリムにしていくのです。主婦であれば家族のために料理をつくることが多いと思いますが、ダイエット食品といわれるメニューにすることができるかもしれません。カロリーが低く、それなりに食べて満足感も得られるようなものが理想となりますが、炭水化物抜きにすることや低糖質のものにすること、野菜を中心としたメニューにすることなどを考えることができるのです。憧れのモデルのような体型になるために努力すれば、簡単に痩せることができたということができるくらいの実感を持てるかもしれないのです。

サプリメントダイエット:ランニングでダイエットすることに成功する。

私はダイエットは嫌いですし、そこそこ痩せているので、ダイエットをする必要もないと思って今まで生きてきましたが、ちょっと腹にお肉がついているということは気になりだしました。よくよく考えてみると、たしかに、一日で外に出ている時間というのはわずかしかありません。飼っていた犬も死んでしまいましたので、それに伴い、動く量が減ってしまいました。
おそらくは、犬を飼うことは、きちんと散歩するという条件が備われば、最良のダイエット法ではないでしょうか。しかし、また犬を飼うというのも気乗りがしないので、ダイエットは犬を飼わずに行わなければならないと思いました。
そこで、ちょっと走ってみることにしました。ランニングというやつです。犬と一緒であれば、そんなには走れないと思います。もっとも、自転車と一緒に走っている犬もいなくはありませんが。
毎日、朝食の後に、公園の中を走るようにしました。公園は一周すると5分くらいかかりますので、それを2周くらい回ることにしました。朝の公園の空気はなかなか澄んでいますし、朝にランニングをしている人は皆爽やかで、とても走るのが好きになりました。走っていると心がリラックスしてきますし、歩いているよりも、効率的な有酸素運動ができているらしいです。
そして、ランニングの後は水を飲みます。ここで水を飲むことで、水分を補給できますし、これは痩せる効果もあるのではないでしょうか。意味もなく水をがぶがぶと飲むというのはちょっと苦しいですが、走った後に水を飲むというのは、とてもさわやかです。これはお風呂上がりに牛乳を飲むのと似ていると思います。
こういうふうにダイエットを行っていますと、だいたいひと月で1キロくらい痩せました。この調子で一年くらい走り続けていけば、簡単に痩せるというだけではなく、いい体が手に入るのではないかと思い期待しています。ランニングは心身ともに健康であるために効果のあることです。

プロテインダイエット/継続的にダイエットを行っている人の増加


近頃では、継続的にダイエットに取り組む人が数多く存在するうになり始めています。このようにして継続して取り組みを続けていくことによって、目標となる体重に近づく可能性が高くなったり、効果的に減量ができたりするのではないかとみられています。このような認識は様々な年齢の人の間で確立されるようになってきているため、しばしば話題とし取り上げられています。また、効果がすぐに見受けられなくても、長い期間にわたり継続してダイエットに取り組んでいくことが重要であるとも考えられているのではないでしょうか。
かつてに比べて多くの人たちが、前向きにダイエットをしようと決意しているのではないかと思います。そのため、こうした継続的な努力を怠らずにしていくケースが飛躍的に増加しつつあると考えられており、サプリメントを日常生活に取り入れたり運動療法を行ったりする人も存在しているとされています。多岐にわたる方法で体重を減らし、健康的な体型になる実例も多くなってきているため、継続的に行う重要性が強く提唱される契機にもなっていると言えるのではないでしょうか。かつてに比べてこうした傾向が顕著になってきているとされていますが、無理のない範囲で日頃の生活をおくることも大事であると考えられています。
これからも、ダイエットを継続的に展開する人が、様々な年齢層の人の間で多く存在するようになっていくのではないでしょうか。このような取り組みをサポートするアイテムも充実してきているとみられているため、多方面で関心が強く抱かれています。人によってダイエットへの取り組み方には違いが見受けられており、どれほどの期間継続するかにも幅があるのではないかと思います。目標の体重に近づけるまで継続することが一番多いと考えられていますが、自身の体調や生活のスタイルに合わせて継続する期間を設定することも、望ましいと言えるようになってきているのではないかと推測されています。

サプリメントダイエット/カロリー制限を重視した形式のダイエット

カロリー制限を適切に行うことで、ダイエットに繋げようとしている人は数多く見受けられているのではないかと推測されています。このような形式で体重を厳格に管理することは、効果がすぐ出てくることに直結していくのではないかとみられているため、多くの人々からの関心が抱かれていると言えるでしょう。かつてに比べてダイエットの方式は多彩になってきていると推測されていますが、カロリーをしっかりと管理することが最も効果的であると捉えられています。そのため、この方法を実践する人は増加してきているのではないかと思います。
現在では、様々な方式でダイエットを展開することが可能になってきていると考えられていますが、その中でカロリーに着目する形式の取り組み方は脚光を浴びつつあるとみられています。どのようにしてカロリーを管理するかについても人によって異なっているとみられており、目標設定や継続意思などが重要になっていくのではないでしょうか。こうした方法の体重減量のノウハウも、多くの専門的な見地を持つ人々によって確立されるようになってきているため、積極的にチャレンジできる状況も確立されてきているのではないかと推測されています。
今後も同様の傾向が、多くの方面で見受けられていくのではないかと予測されています。また、ダイエットを行うためにカロリー制限を継続する人が増加し、どのような方法でカロリーをコントロールするべきかを考える機会も多く確認されるようになるのではないかと見込まれています。幅広い年代の人たちが、このような方法で体重を減らそうとする傾向が強くなり、日頃の食生活に気を配りながらカロリーの制限が実践されるのではないかと思いす。実際にこのようにカロリーを管理していくことで体重を減らした人も多数存在していると考えられています。そのような実例も徐々に多くなっていくと考えられているため、大きく期待されるのではないかと思います。

骨盤ダイエット/ダイエット器具の紹介をしていきましょう。


ダイエット器具を買うに当たって種類などを知らなくては買いようがありません。
ですのでいくつかダイエット器具の紹介をしてみましょう。
まず初めに紹介するダイエット器具はワンダーコアというものです。
こちらはテレビのCMなどでもとても有名になっているもので、椅子に腰かけた上でいた後ろに倒れると、自動で起き上がらせてくれるというものなのです。
自動で起き上がるだけなのに効果があるのかと思う方もいるでしょうが、その点はもちろん問題なく、自動で起き上がるといってもしっかりと筋肉を使っているのです。
起き上がっているときに無意識に腹筋を使っているため、毎日これを続けるだけで勝手に腹筋が鍛えられます。
しかも腹筋を鍛えているという実感はほとんどないため、無理をしないで続けることが出来るのです。
テレビを見ながらやったり、音楽を聞きながらやったりすることもできます。
次に紹介するダイエット器具がボニックというもので、こちらはネットで有名になっているので、知っている方も多いかもしれません。
これは超音波でお腹を引き締めるというもので、昔流行った腹筋を鍛えるベルトの強化版みたいなものとなっています。
この器具の凄い所は実はお腹だけではなく、好きな部分に当てることができるので、好きな部分を鍛えることができます。
超音波での刺激はとても効率よく脂肪を燃やすことができるので、とても効率のいいダイエット効果が期待できます。
最後に紹介するのはスリムクッションプラスというもので、こちらは鍼灸治療院の先生が開発したものとなっていて、効果は医学的に証明されています。
プラスという名前から分かると思うのですが、もともとはスリムクッションというものがあり、それを強化させたというものなのです。
これは1日5分間だけ座れば勝手に骨盤を正常な状態に戻してくれるというものなので、ちょっとした空き時間などに座っておくといいでしょう。
しっかりとした骨盤を取り戻すことは、体系の調整には必須なのです。

私のダイエット失敗体験談(食事編)/骨盤ダイエット等/


ここまでの失敗ダイエット一覧
野菜、大豆、プロテイン、こんにゃく、キャベツ、りんご、バナナ
特定食材のダイエットはとことんやってきました笑

特定食材の失敗談はさらに続きます。

1.グレープフルーツダイエット

これは妹が成功「しかけた」方法です。
昼は変えずに夜にグレープフルーツとサラダ食べ放題する方法でした。
実家に帰ったときにたまたま妹が夕食の時にやっていて、生野菜とグレープフルーツばっかり食ってました。
でもそれで「3ヶ月で3kg減ったよ」と言っていたのでまぁ試してみるかと始めました。

昼は何でも食べていいというルールがあったので、こってり系のラーメンや中華を食べたい時には大学帰りに食べることにして、夕食は基本グレープフルーツとサラダ。
コンビニで買うと結構高いので、グレープフルーツも家にたんまりあったものを仕送りしてもらい、サラダの材料も一緒に送ってもらいました。

妹がグレープフルーツで作ったサラダソースがなかなか上手くて夕食はほぼタダで食べられていたので2週間ほどは普通にやれていたと思います。
結果は2週間で1kg減。
でも妹が途中で目標達成したしもういいやとやめてしまって、自分で調達する気にはなれず、結局3週間でやめました。
これも体重はすぐに戻りました。

2.寒天ダイエット

これは当時テレビ番組でも相当もてはやされていていたのを思い出します。
寒天には食物繊維がたっぷり入っていて便通がよくなり、また腸内の毒素を排出してくれるので、健康にもなてるということがウリでした。

まぁこのころから今のウリと同じ健康に配慮するようになってきたかもしれません。
食事の前に食べるだけなので簡単でしたが、テレビで大々的にどこの局もやっていたので一時期売り切れが続出していました。
なので、2週間ほどで手に入らなくなってしまいました。
ブームが去ってしまうとなんだかやる気が起きなくなってしまってやめてしまいまいした。
この方法は2週間で1kgほど痩せましたが、次の2週間でモトに戻りました。

特定食材って本当に多いですね。
でも僕もそれを知っていながらついついやってしまうダイエットでした。

また時間が出来た時に続きを書きます。

「サプリメントダイエット」ダイエットは自分に合った方法で実施するのが一番

ダイエットをしようとしてなかなか継続できず、失敗する方は非常に多いように思います。また、一時的にダイエットに成功しても無理なメニューを行ったり、ノウハウ本に沿って無理やり実施したためにリバウンドしてしまうこともよく耳にします。正直、ダイエットについては100パーセント正解はなく、個人個人によって最適な方法があると私は考えています。もちろん、過去の成功体験やノウハウ本は絶対参考にすべきです。こうした過去の成功例をできるだけたくさん知ったうえで自分自身に最も合った手法を選んでいくことこそが重要だと思うわけです。
私の場合は食事制限と運動、そして毎日のレコード、これでダイエットに取り組みました。
いろいろな方の成功事例を見ているととにかく毎日どれだけ自分の体調、体重がどうなっているかを記録することが重要だと思ったのです。これについては個人個人の差があるわけではなく恒久的な手法なので毎朝、朝食前に体重計に乗ることにしました。
次に食事です。これについても無理な食事制限を言う手法ではなく、もともと多かった間食を異才やめるだけに留めました。正直、食事制限はおなかがすいたら食べたいし、わたしには我慢できないと思ったからです。もちろん、ビュッフェや食べ放題の焼肉といった暴飲暴食はさけることにしましたが。
そして、食事制限で無理をしない分を運動で賄うことにしました。これも過去の成功事例を見ていると継続できるメニューにおさえることが重要だと思いました。そこで、実際に行っているのは毎日10000歩のウォーキングだけです。実際の仕事の行き帰りで5000歩近いのでそれ以外の5000歩を仕事が終わった後に歩くことにしたのです。もちろん、継続がポイントなので雨の日も雪の日も変わらず継続です。
今までこれで2年間。上記のダイエットメニューをこなすことで体重は3キロやせました。そして何より体脂肪率が17パーセントをキープできています。

「プロテインダイエット」効果のあるダイエット方法の理由と危険なダイエット方法への警鐘


「低タンパク質・低油分ダイエット」を紹介。
これは成人の1日の摂取量であるタンパク質160g、脂質22gを約2割カットし、130g、18gとするものです。
その分炭水化物は400g→460gにまで増やします。
要は乱れてしまったカロリーの中の栄養素配分を、きちんと見直しましょうという方法です。

私はこれをずっと続けて12kgの減量に成功しました。
実際にはタンパク質、脂質をここまで抑えるのは難しいですが、ここまで厳密に抑えなくても体重はキープできます。
タンパク質160g,脂質22gを超えなければ太ることはありません。

この方法を続けて体重が増えてしまうケースは、残業が多くなり夕食でコンビニ弁当が少し続いてしまって、このバランスが崩れたときだけです。
これも栄養素のバランスが元に戻ると、不思議と増えた分の体重は減ってきて、増える前の体重まですぐに戻り、そこでまた体重が保たれていきます。
これは体が必要な栄養素を摂るようになれば、それまでの本来の自然な状態に戻って止まるからだと思っています。

ここで、近年流行っている低炭水化物と低インシュリンの危険さを指摘したいと思います。
成人の1日の摂取カロリー2000kcalは3大栄養素の割合1200:600:200で摂ることが標準とされています。
低炭水化物と低インシュリンはこの割合を全く無視して炭水化物を制限するダイエット方法です。
この2つの方法は炭水化物で取れないカロリーをタンパク質、脂質で摂ることになるので、
タンパク質160g、脂質22gを大きく上回って摂取することを推奨してしまっているのです。

人間の身体に必要なもっともシンプルな栄養素は糖質すなわち炭水化物です。
この栄養素は体内で燃焼される時にはすべてアミノ酸に変わり、他の燃えカスは発生しません。
しかし炭水化物の不足分をタンパク質と脂質で補おうとすると、アミノ酸を生成する上で歪んだ燃焼となり、体に負担をかけるだけでなく、燃焼に使われた余分な燃えカスまでが体内に蓄積されてしまうのです。

またこの2つの方法を提唱している人たちには「タンパク質、脂質を摂らないとこんなに危ない」ということを大々的に宣伝して、過剰にタンパク質、脂質を摂る自分たちの方法を正当化しようとする記載が目立ちます。

このダイエット方法は、人間の必要な栄養素のバランスを崩す危険なダイエット方法です。
私はこの2つの方法に警鐘を鳴らし続けたいと思います。